「還元香気浴」

「還元香気浴」は活性酸素(酸化)を抑え体内の毒素を落とす。まったく新しい温熱療法施設です。

効果の原理の一つには、「MEG建材」を建物全体に使用した香気浴が、触媒機能によりマイナス電子を放出します。病気の80%の原因といわれる活性酸素は生体の脂質(不飽和脂肪酸)や蛋白質から電子を奪い取って、それらを酸化します。その結果、脳卒中や心筋梗塞などのもととなる動脈硬化症を起こしたり癌や糖尿病をもたらします。 体にマイナス電子を与える事によって体内は-電子で満たされます。そして、生体の脂質や蛋白質の電子のかわりに、このマイナス電子が肩代わりとなって活性酸素に与えられ、活性酸素は分子的に安定します。そのため、生体の細胞は傷つかずにすみますので、肌トラブルや病気の発現が抑えられると、考えます。(C)